エスプリングソーシャルキャピタル人事コラム「Hot e Spring」は、人事職に関わらず、様々な職種の方が見ても役立つ人の成長に関する情報をお届けするコラムです。
そういった想いから、タイトルを「Hot e Spring(ほっと+エスプリング)」といたしました。
専門的・学術的な知見に基づいたものから、個人的な話を通じて教訓を得るようなものまで、 様々なお話を取り揃えております。

ジョブクラフティング(仕事の価値をより高めたい方へ)

NHKのEテレで毎週放送している
「白熱教室」という番組をご存知でしょうか?

ハーバート大学やスタンフォード大学などで
実際に行われた講義がそのまま放送されている番組です。

テーマも様々。

「リーダーシップ」「キャリア」を始めとする
ビジネスに関するテーマ。
「生き方」「幸福とは?」といった
そもそもの人生の根源的なテーマ。
時には「数学」「物理学」「映像技術」など、
様々なジャンルの講義が展開されています。

ひょっとするとご覧になったことがある方も
いらっしゃるのではないでしょうか。

その中の一つ「幸福」をテーマにした「幸福学白熱教室」で
大変興味深い話がありました。

イエール大学経営大学院准教授のエイミー・レズネスキー氏によれば、
人と仕事の関係、つまり「仕事」を自分のどこに位置づけるのか?
ということに関して、

1)Job(ジョブ):報酬の為に働く仕事
2)Carrer(キャリア):向上の為に働く仕事
3)Calling(コーリング):社会的意義の為に働く仕事

の3つがあり、最も幸福度が高いのは
「Calling(コーリング)」だと説明しています。

では、私たちが仕事をCalling(コーリング)と
捉えられるようになる為にどうすべきか?
その3つのアプローチの方法が
「ジョブクラフティング」という言葉で紹介されています。

①「社会的な交流の質や量を見直す」 
②「仕事の意義を拡げる」
③「仕事のやり方や範囲を見直す」

仕事への向き合い方を意識的に変えながら実際に行動に移すことが、
自分自身の「人生」そのものをより幸福なものにできるのかも知れません。

ジョブクラフティングは誰かに言われてやるものではなく、自分がすること。
自分の人生をより幸せに過ごしたいと思うのであれば、
人生を「主体的」に生きるとまず「決意」することなのではないでしょうか。

現在弊社では、2015年度の新卒採用活動を行っていますが、
2月に学生のみなさんに向け、
「ワクワクドキドキできる就職活動~活躍できる社会人になる為に~」
というテーマで就職活動応援セミナーを予定しています。

仕事とは何なのかをもう一度見直してもらい、
将来に繋げる就職活動にしてもらいたいと思っています。

今後私たちも人事コンサルティングの仕事を通じて、
関わる多くの方々が仕事を「Calling」として捉え、
仕事に費やす時間を「お金では買えない価値あるもの」にできる、
そんなサービスを提供したいと思います。

PAGE TOP