エスプリングソーシャルキャピタル人事コラム「Hot e Spring」は、人事職に関わらず、様々な職種の方が見ても役立つ人の成長に関する情報をお届けするコラムです。
そういった想いから、タイトルを「Hot e Spring(ほっと+エスプリング)」といたしました。
専門的・学術的な知見に基づいたものから、個人的な話を通じて教訓を得るようなものまで、 様々なお話を取り揃えております。

目標設定は「いてて」のレベルで(成長実感を感じたい方へ)

最近、若干の体重増が気になり、あるものを押し入れから取り出しました。
それはホコリにまみれて押入れに放置されていた「ビリーズブートキャンプ」のDVD。

そう、10年前に一世を風靡したあの「ビリーズブートキャンプ」に再び入隊してみたのです。
その結果、久しく使っていなかった腹筋や背筋が刺激されたのでしょうか、入隊翌日からピリッとした筋肉痛が襲ってきたのです。いてててて…。
(翌日に痛みがくるのはまだまだ若い証拠なのでしょうか。)

しかし、何日か続けて行くとその「いてて」も段々と弱まり、そしてなくなり、その結果、恥ずかしながらほんのチョットではありますが、シュッとしてきました。

そんな「いてて」の感覚、実は仕事でも同じことが言えるのではないかと思います。

全国で飲食店向けの中古厨房機器を販売する「テンポスバスターズ」という会社があります。
この会社には「テンポス精神17箇条」と呼ばれるものがあり、その中の第11条に「いてての法則」と呼ばれるものがあります。

前屈をして、手のひらを床につけようとすると「いてて」と感じる。
しかし、それを毎日毎日やり続けて行くと「いてて」を感じる位置が下がり、ゆくゆくは「いてて」を感じることなく手のひらを床にペタッとつけられるようになる、という話です。

つまり「いてて」を感じる時というのは、これまでの自分の限界を超えた状態であり、まさにそれが、自分が成長できている状態であるということを、前屈をした時に体に感じる「いてて」になぞらえています。

この「いてて」、私たちの仕事における「目標設定の仕方」にも繋がる部分があります。
いわゆる「ストレッチ目標」の設定です。

少しの「いてて」で達成できそうな目標を定め、その目標達成に向けて頑張る、その目標を達成したら、次に「いてて」を感じながら達成できる目標を定めるという考え方です。
これを繰り返すことが出来れば、いつか自分を振り返った時に、あの時は「いてて」だったけれど、今は全然「いてて」と感じなくなり、自分の成長を大きく実感できることに繋がります。

今、自分の仕事にどれだけ「いてて」な仕事があるか。
その数が多ければ多いほど成長できる余地とチャンスがあり、「いてて」がなくなったら新しい「いてて」を決めて取り組むことに変わりはありません。
いつも「いてて」「いてて」と感じながら仕事がしたいですね。

4月から新しい年度が始まり、私たちの会社にも新入社員が入社します。

仕事でも私生活でも新たな「目標」を定めることが出てくるかと思います。
そんな時、自分にとって「いてて」な目標を定めて見てはいかがでしょうか。

PAGE TOP