エスプリングソーシャルキャピタル人事コラム「Hot e Spring」は、人事職に関わらず、様々な職種の方が見ても役立つ人の成長に関する情報をお届けするコラムです。
そういった想いから、タイトルを「Hot e Spring(ほっと+エスプリング)」といたしました。
専門的・学術的な知見に基づいたものから、個人的な話を通じて教訓を得るようなものまで、 様々なお話を取り揃えております。

カロリーと知識の関係(アタマもカラダもスリムになりたい方へ)

昨年の秋から痛めていた膝を手術で治療しました。
今回の手術は根本的な治療と言うよりも対処療法なので、また膝を痛めることが考えられます。

膝の負担を減らすために、まずは、少し増えてしまった体重を減らす必要があります。
体重を減らすには、1)摂取するカロリーを減らす、2)消費するカロリーを増やす、のどちらか、または両方を行う必要がありますが、膝を痛めている私としては、2)の選択肢を取るのが難しく、まずは摂取カロリーを如何に減らすかが問題となります。

当然ですが、「摂取カロリー」<「消費カロリー」にすれば自ずと体重は減っていきます。
皆さんもご存じだと思いますが、人間には基礎代謝、つまり何もしなくても生きていくだけで消費されるカロリーがあります。
私の年齢と体重、身長から割り出される基礎代謝の消費カロリーは約1600Kcalです。
運動できず、通勤と仕事が大きな消費カロリーの元になる今の私としては、おそらく2000Kcalを下回る摂取カロリーにしないとダイエットは成功しません。
当面、日々の摂取カロリーを気にする毎日です。

さて、カロリーを気にしていたら、最近あることに気付きました。
それは、「カロリー・運動」と「知識・行動」の関係です。

体に摂取されたカロリーは、基礎代謝として生きるための最低限のエネルギーとして消費され、さらに運動を通して健全な肉体(例えば強靭な筋肉)を創り上げる糧として消費されます。
適度な運動が伴わないと、過剰のカロリーは脂肪として体内に蓄積され、時としては肥満や糖尿病などの、健康を害する原因のひとつになってしまいます。

もしかしたら、我々が外から得る知識にも、似たようなところがあるのかもしれません。
人は生きるために、必要な知識を吸収する必要があります。
それは刻一刻と変化する周囲の状況に、自分を適応するための知識ではないかと思います。
例えば、この4月にあった増税のように社会のルールが変わったときに身に付ける知識であったり、会社に新しいコピー機が導入されたときに使いこなすための知識だったりするかもしれません。
最低限社会生活が送れる知識、おそらくカロリー消費であれば基礎代謝に相当する知識なのでしょう。
しかし、それでは「生きている」だけであって、成長していることにはならないと思います。
成長のために必要な知識を積極的に獲得する必要があるのでしょう。

ただ、摂取カロリーと運動の関係のように、獲得した知識は、それを試したり、行動に反映しない限り、成長の糧にはならないのではないかと思います。
せっかく獲得した知識も、使わずに単に貯めておくだけであれば、単なる物知りで終わってしまい、カロリー過多での不要な脂肪のような存在になってしまうかもしれません。
ちょうど不要な脂肪が健康を害するように、場合によって使わない知識は、その人を単に知識を持った行動の伴わない批評家にしてしまい、成長を阻害する原因になるかもしれません。

「知っていること」と「実行すること」は根本的に違います。
自らの成長のためにも(知識太りしないためにも)、獲得した新しい知識や知見は、いろいろな場面で試し、行動に反映していきたいものです。

PAGE TOP