エスプリングソーシャルキャピタル人事コラム「Hot e Spring」は、人事職に関わらず、様々な職種の方が見ても役立つ人の成長に関する情報をお届けするコラムです。
そういった想いから、タイトルを「Hot e Spring(ほっと+エスプリング)」といたしました。
専門的・学術的な知見に基づいたものから、個人的な話を通じて教訓を得るようなものまで、 様々なお話を取り揃えております。

飲みニケーションとソーシャルキャピタル(飲み会が苦手な方へ)

4月から新生活が始まり、各所でお花見や歓迎会が開催されるシーズンになりました。
私たちの会社でも、年に4回、公式のレクリエーションを実施しています。

春はお花見
夏はビアガーデン
秋は社員旅行
冬は忘年会

と、季節を楽しみながら、部門を超えた交流をすることを大事にしています。

しかし一方で、宴会の席で親睦を深める「飲みニケーション」は、やや古い印象を持たれている方も多いのではないかと思います。
飲んで上司と部下の関係を縮めるという方法は、若者からだけでもなく、上に立つ立場からしても、必ずしも積極的にやりたいものではないかもしれません。

しかし、本当にそう決めつけてもいいものなのでしょうか?

私たちの会社の名前にもあり、日頃大切にしている言葉の中に「ソーシャルキャピタル」(=社会関係資本)というものがあります。
厚生労働省の定義ではこれを、

“人々の協調行動を活発にすることによって、社会の効率性を高めることのできる「信頼」「規範」「ネットワーク」といった社会組織の特徴”

と説明しています。
つまり人と人がつながり、信頼しあい、規範を守ることが、社会の効率性や成果に結びつくというものです。

この言葉は「ヒューマンキャピタル」(=人的資本)とは分けて考えられます。
個人の力を伸ばし発揮することが、会社のような組織にとっては大切なものとしつつも、その人たちが関係しあうことこそが、さらなる力を発揮するということです。

会社ではそれぞれのチーム、個人での役割をもって、日々一生懸命働いています。
しかし、例えばこのようなインフォーマルな交流を通して、普段会話をしない人たちが話をし、お互いを分かり合うことによって、フォーマルな場でも新しいアイデアを生み出したり、困った時に助け合ったりすることができる経験、ありませんか。

飲みすぎには注意ですが、「飲みニケーション」もあながち悪くないものではないでしょうか?

つながりを生み出す大切さを、このような場所を通して感じながら、それぞれの仕事にも生かしていきたいと思います。

PAGE TOP