エスプリングソーシャルキャピタル人事コラム「Hot e Spring」は、人事職に関わらず、様々な職種の方が見ても役立つ人の成長に関する情報をお届けするコラムです。
そういった想いから、タイトルを「Hot e Spring(ほっと+エスプリング)」といたしました。
専門的・学術的な知見に基づいたものから、個人的な話を通じて教訓を得るようなものまで、 様々なお話を取り揃えております。

「記憶」と「忘却」のバランス(忘れっぽい方、もしくは過ぎてしまったことを気にしすぎてしてしまう方へ)

私は現在3人の子供を育てています。
子育てに慣れているかというと、まだまだ悩みは絶えない日々ですが、確かに大抵のことでは驚いたり慌てたりしなくなりました。
母親としての感覚が身についてきたのかもしれません。

しかし、忘れていることが多いのです!
最近よく夜泣きするもうすぐ2歳の末っ子。
そういえば昔、長男の時もそういうことが何度かあったような…。
長女の時も数回あったような…。
あの時は結局なんでだったっけ?と同じ悩みを3度繰り返すことがあります。
昔悩んでたことさえ忘れていることも…!
友人と話していると、「長男の時、そんな話してたよね!」と言われて、「そうだっけ?」と思い出したこともあります。
性格の問題もあると思いますが、人は基本的に「忘れる生き物」だと実感します。

そんな時に役立つのが、「育児ノート」だったりします。
おおざっぱな私ですが、子供3人とも、生まれてから1歳になるまで育児ノートを書き続けました。

そこには、その日の様子やその時の気持ちや気づきを綴っています。
一週間の見開き1ページなのですが、先々を見据えてか、私はページ毎に一番右にあるメモ欄に、「忘れない方が良い大切ポイント(気づき)」を青字で書いていました。
2人目、3人目を育てる中で、何か困った時や気になった時には、前の子のノートを振り返り、参考にしていていました。

例えば、夜泣きの理由について。
オムツは大丈夫?おなかはすいてない?眠いのでは?ママにだっこしてほしい?乾燥しているのでは?など、1人目の時に書いていたので、3人目、同じ悩みにぶつかった時、ノートを振り返って、加湿してみたところ解決し、とても助かったことを覚えています。
毎回、1歳の誕生日で日記をやめているので、もうすぐ2歳の末っ子が夜泣きする理由の解決には至っていません…。
やはり、「記録」って重要だな、と実感している今です。

特に嬉しいことや喜びは「忘れたくない!」という想いから、ビデオや写真での「記録」は日々心掛けています。
全て自分の「老後の楽しみ」のつもりですが、今回改めて考えてみて、「悩んだこと」「解決したこと」も記録していこうと思いました。

仕事でも全く同じことが言えると思います。
何か壁にぶつかった時、悩んで考えて対応して解決して成長する。
成長は個人に残っているかもしれませんが、人は「忘れる」生き物です。
だからこそ、しっかり原因・背景・経緯・結果を「記録」し、再発を防ぐことが大切だし、記念となる瞬間を写真に残し、次の世代につなげることも大切だと思います。
人は「忘れる」から「記録する」、大事ですよね。

ただ、「忘れる」ってマイナスなことだけでもないと思います。

大きな失敗をしたり、恥をかいたり、もう立ち直れない!と思うことは誰でもあると思います。
でも、時が経てばそれは自分の中で薄れてくる。
そして同時に、自分だけじゃなくて周りも忘れるのです。
だから気にしなくて良いと思うこともできます。
また、3人目の子供がよくしゃべるようになっても、「当たり前!」と思わず、「初めてのことのように感動」できるように、プラスの感情も新鮮に感じることが出来ます!

しかし、小学校に入学し半年経つのに、相変わらず毎日「忘れ物」ばかりして帰ってくる息子…。
これは改善が必要です!

PAGE TOP